TOYOTA

AQUA SOCIAL FES!!

AQUA SOCIAL FES!! Presents ~みんなの鶴見川流域再生プロジェクト~

こんなに素敵になりました!生きもののにぎわいがよみがえった鶴見川流域

最終レポート

こんなに素敵になりました!生きもののにぎわいがよみがえった鶴見川流域

RESULT

本流は42.5キロメートルの長さがある鶴見川。東京都町田市、神奈川県川崎市、横浜市を貫いて、横浜市鶴見区生麦で東京湾に注ぐ都市河川です。

この鶴見川を舞台に2012年に始まったAQUA SOCIAL FES!!では、流域の自然をどう豊かにしていくか、という課題に向き合いながら、源流、中流、下流、それぞれの自然再生拠点で継続的に流域再生に取り組んできました。

【継続は力なり!流域自然再生でよみがえるいのちの連なり】

活動を始めて4年目となった今年。流域のあちらこちらで同時多発的にその成果を体感することができました。さっそく振り返ってみましょう。

源流では、農地として利用されなくなった谷戸が丸ごとひとつ多自然地域としてよみがえりました。鬱蒼と茂っていた笹原は手入れされ明るい光の射す気持ちのいい場所になり、ゲンジボタルとヘイケボタルが舞う湿地が再生されました。今年6月に開催された第1回フェスでは、夜の森にたくさんのゲンジボタルの姿が!みんなで幻想的な光を楽しみました。

また、2012年から継続的に植樹をしてきたエノキが順調に成長して小さな木立のように育っています。11月に行われた第3回フェスでは、新たに約20本の植樹を行いました。そして2012年に植えたエノキの冬ごもり作業として「しがらみ」という垣根づくりをしました。さらに今年はラッキーハプニングもありました。源流の森でオオムラサキの姿を見ることができたんです!これまで「オオムラサキの舞う森をつくろう!」を合い言葉にエノキの植樹を続けてきただけに感動もひとしおです。

中流には壮大な湿原ができあがりました。7月に開催された第2回フェスでは、真夏の猛暑の中、みんなで力をあわせて新羽中洲のアレチウリ退治にチャレンジ。ただ抜き取るだけではありません。外来種のアレチウリの生息エリアに在来種のオギを植えていきます。在来種を増やすことではじめて外来種を後退させることができるのです。自然の理にそって流域の自然再生を続けてきたおかげで、神奈川県横浜市港北区綱島の約5000平方メートルくらいの湿地帯と横浜市港北区新羽の1ヘクタールを越えるような巨大な湿地帯の再生ができました。
下流はこれまでの3年間で素敵なチョウが育つ草原や河口の干潟が見事に回復されています。みんなとだからできること。4年間の活動が実って、鶴見川の源流、中流、下流、それぞれに素晴らしい自然拠点ができあがりました。落ち着いて着実に取り組むこと、積み重ねの力を思わずにはいられません。

【両立ってできるんだ!!「流域思考」で実現する治水と生物多様性保全】

AQUA SOCIAL FES!! の鶴見川と北上川では、「流域」に着目しています。「流域」とは、天から降った雨水がひとつの川に流れ込む範囲のこと。源流、中流、下流と各拠点の環境保全は流域全体の保水力アップにつながっています。

鶴見川流域は全体で235平方キロメートル。最源流には1000ヘクタール規模の大きな森があります。この森は降った雨水を50万トンぐらい貯めることができる、いわば天然のダム。ここの谷がひとつ再生されるとどうなるのでしょう? 大雨の時に降った雨の水がすぐに鶴見川に流れ込むのではなくて、谷の中でたっぷりと蓄えることができます。つまり、源流の森を守り保全することで、豊かに保水される天然のダムの構造そのものを回復しているのです。その結果、東京都町田市や稲城市の水害が緩和されることはもちろん、さらに下流の神奈川県川崎市や横浜市など大都市の水害緩和にもつながっています。流域の自然再生によって生物多様性保全と治水が同時にできてしまう、という訳です。

【つながろう!つながろう!つながろう!共成長する人的交流とネットワーク】

成果は流域の自然再生に留まりません。企業関係者、NPO関係者などに混ざってたくさんの学生が集まるのもAQUA SOCIAL FES!!の特徴のひとつ。ここ最近では、AQUA SOCIAL FES!!の参加者同士がつながって世代を越えた交流や人的ネットワークが育まれるようになりました。たとえば、それぞれの立場を超えてお互いの活動に参加しあったり、手伝ってもらったり、というカンジ。多様な立場の人が手を取り合って緩やかなつながりを築いていく。よく考えてみると、こういった機会はなかなかないものですね。ここからはじまったネットワークが地下茎のようにつながって有機的に広がっていくのかもしれません。人が育っていく。共に成長し合う。そんなことも実現できた4年目のAQUA SOCIAL FES!!でした。

ひとりひとりの想いがつながって、たくさんの成果が実った鶴見川流域再生プロジェクト。 時間と共にいのちの連なりと生きもののにぎわいが幾重にも折り重なって、鶴見川流域は豊かに変貌を遂げました。
花も虫も鳥も獣も、そしてもちろん、わたしたち人も、あらゆる生きものは分ち難く結びついていて、自然という大いなる循環の中で生かされています。生きもののにぎわいがよみがえった鶴見川流域には、そんなことに気づくきっかけやヒントがあちらこちらに散りばめられていました。
未来は「いま」という時間の積み重ね。鶴見川流域で目にした、みんながみんなを生かし合い、共に成長する、生態系のような世界は、きっとワクワクする未来につながっているに違いありません。

◆共催:NPO法人鶴見川流域ネットワーキング
◆後援:町田市(第1回、第3回)
◆協力: 一般社団法人Think the Earth

TOP
みんなの鶴見川流域再生プロジェクト

最終レポート

未来はきっと変えられる!3年間でたくさんの成果が生まれました!!

RESULT

【オオムラサキの舞う森をつくろう!自然再生作業でホタルと出会う感動体験。】

【未来はきっと変えられる!3年間でたくさんの成果が生まれました!!】

生きもの探し、つる草刈り、ゴミ拾い、外来種退治、植樹、ボート体験、夜のホタル観賞。2012年からスタートしたみんなの鶴見川流域再生プロジェクトは3年間で全20回のフェスが開催され「森から街まで。自慢できる鶴見川にしよう」を合言葉に継続的に自然再生活動に取り組んできました。

【共生の証!?森と街が緑のベルトで結ばれる鶴見川】

鶴見川の源流は東京都町田市にはじまり、川崎市と横浜市を貫いて、42.5kmを流れ下り、鶴見区生麦で東京湾に注ぐ一級河川です。 昔は洪水も多く水質が悪いと言われてきましたが、今ではアユの姿が確認されるほどキレイな川になりました。流域の85%が市街地となりましたが、源流・中流・河口それぞれに自然再生拠点が残り、流域全体が流れに沿って緑のベルトでつながっています。残された自然をどう豊かにしていくか、という課題に向き合いチャレンジを続けたAQUA SOCIAL FES!! 3年間の成果を振り返ってみましょう。

【自然の仕組みをフル活用!「流域思考」で考える目からウロコの治水対策!!】

鶴見川の最源流には1000ha規模の大きな森があります。この森は降った雨水を50万tぐらい貯めることができる、いわば天然のダム。AQUA SOCIAL FES!! では、天から降った雨の水がひとつの川に流れ込む範囲「流域」に着目し、源流・中流・河口と各拠点の環境保全を通じて流域全体の保水力を高めてきました。実は、この森を守り保全することが、下流の水害緩和につながっています。

鶴見川流域は全体で235平方キロメートル。その中には東京都町田市と稲城市、神奈川県川崎市、横浜市といった大都市が含まれていますが、洪水については1982年に大出水があって以降、土手を越えて氾濫するということはなくなっています。流域全体を視野に入れた総合的な治水対策、水辺や緑地の管理を通して自然と共生するまちづくりを続けたことにより、今ではかなりの降水量に耐え得るようになってきました。

【成果が続々!!流域全体によみがえった、“いのち”の連なり】

AQUA SOCIAL FES!! では、もうひとつ力を入れてきたことがあります。それは生物多様性の回復。3年間を通して生きものがにぎわう水辺づくりを進めてきました。

源流では外来種アレチウリ退治や、大きな美しい蝶、オオムラサキが舞う森を目指したエノキの植樹をしました。また、荒廃した谷戸の笹を刈って谷に光が射すようになった結果、カワニナが暮らせる水辺がもどり、ゲンジボタルやヘイケボタルが舞う幻想的な夏の宵がよみがえりました。3年間の保全作業で野中谷戸と呼ばれる源流の谷1本、約500mが見違えるほど豊かに回復したのです。

中流では2つの自然再生拠点で活動。新羽わんどでは、外来種アレチウリに覆われた河川敷を在来種のオギ原に再生。 綱島アクアマーシュでは、在来種のオギ・アシ原を完全回復!アシ原を頼りにして暮らすオオヨシキリという夏鳥がなんと15年ぶりに帰ってくる、というサプライズもありました。

そして、河口では生麦河口干潟の外来種のセイバンモロコシを除去しながら在来種のヨモギ群落を整備することで、ペインテッドレディといわれる美しい蝶、ヒメアカタテハの繁殖が確認されました。

また、みんなの鶴見川流域再生プロジェクトでは環境保全活動だけでなく自然に親しむアクティビティも充実。リース作りやボート体験などみんなでワイワイと楽しみました。中でも生きもののにぎわいを実感する「バイオブリッツ」は子どもから大人まで大人気!アメリカでも流行中の「バイオブリッツ」とは、生きものの多様性を調べるアクティビティです。ある一定の範囲を決めて、そのエリアにいる生きものを洗いざらい見つけるというものです。
河口干潟では初めてアカテガニも確認され、生きもののにぎわいと命の連なりが着実に回復していることを実感しました。

【自然の息吹を味わって。みんなとだから、できること。】

いろいろな立場の人が集まったAQUA SOCIAL FES!! みんなの鶴見川流域再生プロジェクト。みんなの力で花も虫も鳥もよみがえり、鶴見川流域全体に生き生きとした“いのち”の輪が広がりました。3年間で大きな成果が実ったと同時に、「こんな身近なところに守りたい自然があったんだ」とか「未来はきっと変えられる」、なんて声も聞こえてきて、ひとりひとりの奥に明るい未来への想いまで芽生えたのかもしれません。 みんなとだから、できること。ひとりひとりの想いがつながって、これからどんな景色が立ちのぼってくるんでしょう。考えただけでもワクワク楽しみです!

◆共催:NPO法人鶴見川流域ネットワーキング
◆協力:との様飯店、一般社団法人Think the Earth
◆関連団体:NPO法人鶴見川源流ネットワーク

森から街まで。自慢できる鶴見川にしよう。

最終レポート

よみがえれ地球!よみがえれ鶴見川!生きものがにぎわう流域をつくろう!

RESULT

【ホタル舞う森をつくろう】

【鶴見川の原風景を取り戻そう!】

【鶴見川流域の源流・中流・河口で活動を実施】
【みんなの力で水辺再生!自然と都市が共生する鶴見川】

海や川をきれいにしたり、水辺の自然を守ったり、日本全国で参加型アクションプログラムを展開するAQUA SOCIAL FES!!。「みんなの鶴見川流域再生プロジェクト」では、NPO法人鶴見川流域ネットワーキングの協力のもと、「流域」をキーワードに活動を続けてきました。「流域」とは、天から降った雨がある川に集まる大地の領域のこと。都市河川鶴見川の流域では、1年をかけて、源流、中流、下流の各拠点で、森や、湿原や、干潟の自然再生をすすめてきました。みんなで力を合わせ、生きものがにぎわう拠点づくりにチャレンジした活動の様子と、その成果をふりかえってみましょう。

【未来をつくろう!この手でつくろう!みんなとだからできたこと】

源流町田市の保水の森では、耕作されなくなった水田跡地をホタルの暮らす湿原に再生したり、大きくて色鮮やかな蝶、オオムラサキを育てるためのエノキの苗木を植樹したり、と自然回復作業に力を入れました。外来植物に覆われてしまった中流の川辺では、原風景に近い自然植生の回復を目指します。アクアマーシュと名付けられた綱島の寄り洲に、オギを100株移植すると共に、外来植物のアレチウリやセイタカアワダチソウの刈り取りにもチャレンジ。そして、下流生麦では、美しい干潟を再生するためにゴミ拾いや植生管理を体験。楽しいボート体験も!水しぶきを浴びながら水辺に親しみ学びを深めました。

 

 

【生きものがかえってきたよ!五感で味わうにぎわいのスパイラル】

AQUA SOCIAL FES!!の活動がスタートにして2年目となる今年は、生きもののにぎわいをダイレクトに味わうチャンスに恵まれました。源流では、ホタルの暮らす湿原が回復されたことでゲンジボタルとヘイケボタルが増え、暗闇から立ちのぼる淡くほのかな光の舞いに思わず歓声があがりました。中流では、アシ原を住みかとするオオヨシキリという夏鳥が15年ぶりに姿を現し、アクティビティの最中にさえずりを披露してくれるというラッキーハプニングも。そして、下流の河口干潟でもうれしい成果が上がりました。みんなで整備したヨモギの群落では、後日ヒメアカタテハという美しいチョウの大繁殖が確認され、干潟では初めてアカテガニも確認されたのです!

 

 

【ここからはじまる、いのちのめぐり。いきいきとよみがえる鶴見川流域】

全6回開催された、みんなの鶴見川流域再生プロジェクト。源流では谷戸の再生、中流ではオギ原の回復、下流では干潟の再生に取り組みました。流域再生のためには、ただ、景観を整え外来種などを駆除するだけでなく、それぞれの場所にあった生態系がいきいきと回復するよう、在来植物種の成長を後押しすることが大切。それらはやがて車の両輪となり、本来の生態系を再生する相乗効果を発揮します。そんな再生途上の森や湿原や河口の緑に本来の虫や鳥たちがかえってきた。この生きもののにぎわいこそが、都市河川鶴見川の流域に日本の原風景が見事によみがえってきた証です。

【自然とともにあること、宇宙の一部であること。可能性を広げる「流域思考」】

未来につながる学びの時間も充実していました。鶴見川流域ネットワーキングの岸由二先生の「流域思考」をもとに、自分の住んでいる土地が川の流域のどこにあたるのか、と考えてみたり、水災害や水質管理など水にまつわる課題に向き合ったりしました。自然の理(ことわり)で物事を捉え直してみると課題はとてもシンプルでわかりやすくなるんですね。

【ひとりひとりがつながれば、未来はきっと変えられる!】

自然と都市が共生する都市河川を目指してみんなの力で水辺の自然再生を応援する、AQUA SOCIAL FES!! in鶴見川。今年もたくさんの人が出会い、つながり、笑顔になりました。輝く太陽の下で森や水辺の自然に親しみ、全身で感じ取った生きものたちのにぎわいは、「未来はきっと変えられる!」という確かな実感につながって、参加者のみなさんのそれぞれの「気付き」のきっかけになったことでしょう。あしたの「いいね!」をつくる活動、今後の鶴見川に注目です!

◆共催:NPO法人鶴見川流域ネットワーキング
◆後援:町田市
◆協力:一般社団法人Think the Earth
◆関連団体:NPO法人鶴見川源流ネットワーク

森から街まで。自慢できる鶴見川にしよう。

最終レポート

未来はもっと楽しくなる!みんなの鶴見川流域再生プロジェクト

RESULT

【自然を学ぼう 自然を創ろう】

【都市の真ん中で実現した、流域単位の水辺再生プロジェクト】

水をテーマとして地元の自然環境を保護保全する参加型アクションプログラム、「AQUA SOCIAL FES!!」。企業が市民の輪に入り、同じ目線で共に社会的課題にチャレンジするこの取り組みは、約半年をかけて日本全国47都道府県、50カ所で実施されました。

その中でも最も多くプログラムが開催されたのがここ、鶴見川流域です。

【外来種を取るだけじゃない、在来種を広めていきます!】

早春の中流のクリーンアップに始まり、水源である上流「源流保水の森」では、エノキの植樹を体験。森の保水力向上を目指すと共に、ゲンジボタルや絶滅危惧種となっている国蝶のオオムラサキが舞う森を目指して保全活動を進めました。貴重な河口干潟のある下流では、クリーンアップや外来生物退治なども実施し、1年を通して“流域全体”で自然保護活動が展開されました。

【元気いっぱい、仲間っていいね!充実の自然学習アクティビティ】

春のウォーキング、初夏のホタル観察会、真夏のカヌー体験、秋のバイオブリッツやシードバンク作りなど…四季を通して自然学習アクティビティが充実していたり、ふんだんに学びの時間が用意されていたりしたことも、鶴見川流域における活動の特徴のひとつ。若い世代がワイワイと、みんなで楽しみながら活動に参加していたのも頷けますね。毎回、目からウロコの発見があり、豊かな水辺を全身で感じることができました。

【ひとりの力は小さくてもみんなの力が繋がれば、未来はきっと変えられる!】

全長約42.5km、流域人口190万人の都市河川、鶴見川。全9回を通じてその上流、中流、下流と3つのエリアを行き来しながら、都市の真ん中で蘇りつつある“たくましい自然”の姿を思う存分味わいました。企業、NPO、個人が繋がり直すことで見えてきた、信頼のもとに“異なるセクターが地域環境を支え合う”新しい未来を思うとワクワクせずにはいられません。

【ますます目が離せなくなる!?力強く回復をはじめた鶴見川】

日本の原風景を形作っていた本来の鶴見川の姿、その水辺の自然植生を取り戻す「みんなの鶴見川流域再生プロジェクト」は、地球規模で求められているレジリアンスを見据えた“しなやかでたくましい自然回復へむけたチャレンジ”であり実験です。

「鶴見川が豊かになって、魚も虫も鳥も、もっともっときてくれるようになってほしい!」皆勤賞でこのプロジェクトに参加した子どもたちの願いが叶う日も、そう遠くはなさそうです。森から街まで、みんなが自慢できる鶴見川にしよう!

◆共催:NPO法人鶴見川流域ネットワーキング
◆後援:町田市
◆協力:一般社団法人Think the Earth、綱島商店街協同組合、綱島商店街連合会、綱島モール商店会、
     綱島一番会、アムフルス、コヤマドライビングスクール、つなしま不動産マーケット、矢野つり具
◆関連団体:NPO法人鶴見川源流ネットワーク、NPO法人横浜カヌー倶楽部、DCC土光カヌークラブ