TOYOTA

AQUA SOCIAL FES!!

AQUA SOCIAL FES!! Presents ~富士山周辺の美しい自然を残そうプロジェクト~

富士山周辺美化活動

最終レポート

富士山周辺の美しい自然を残そうプロジェクト~富士山周辺美化活動~

RESULT
【「世界の宝」を美しく 5年目の夏がスタート】

世界文化遺産となり、名実ともに「世界の宝」となった富士山。かつては「ごみの山」ともいわれ、ごみが散乱していましたが、長年の清掃活動が実を結び、現在は大勢の観光客を迎え入れる魅力あふれる観光地となっています。5年目を迎えた富士山周辺美化活動には延べ約250人が参加し、ウオーキングを楽しみながら美化活動に取り組んだり、富士山周辺の自然環境について学んだりしました。

【湖畔を吹く爽快な風に 参加者の意気込み十分】

第1回は5月14日に開かれ、当日は山中湖畔を爽やかな風が吹き渡る心地良い天候となりました。集合場所の山中湖村役場では美化活動への意気込みをみんなで高め合い、湖畔へと歩き出しました。足場の悪い場所が所々にある中で参加者は湖水ぎりぎりまでごみを回収。1時間半かけて湖畔を清掃した結果、たばこの吸い殻や缶、瓶、バーベキューの金網など約30㌔ものごみを回収しました。

【里山が減ったことで動植物の生息も変化】

7月9日に実施した第2回は、全国名水百選に選ばれた忍野八海がある忍野村で開かれました。当日は梅雨の影響で雨となったため、忍野八海周辺の美化活動は中止となり、環境ミニセミナーのみの実施となりました。セミナーでは山梨県富士山科学研究所の小笠原輝研究員が「身近な自然との関わり方はどう変わってきたか」と題して講演。小笠原さんは「かつては人間と動植物の境界線となる里山がありましたが、生活スタイルの変化に伴って里山が減少し、野生動物が人里に出てくるようになりました」など、人間と動植物の関係について説明し、参加者は真剣に耳を傾けていました。

【美化活動とセミナーで環境を考える機会に】

2回のプログラムで、参加者は富士山の景観の素晴らしさや大自然がはぐくんでくれた人間と動植物の営みを改めて学んだようでした。参加者からは「山梨を代表する美しい観光地だけに、ほんの少しのごみでも景観が台無しになってしまいます。訪れる皆さんには気持ち良く来てもらいたいです」という感想や、「人間と動植物の関係性を知ることができ、これからどのように付き合っていったらよいのかを考える機会になりました」という意見が聞かれました。

◆主 催:山梨日日新聞社
◆共 催:山中湖村、忍野村教育委員会、富士山をきれいにする会、桂川源流地域協議会、桂川・相模川流域協議会、忍野ユネスコ協会

富士山周辺美化プロジェクト~富士山周辺美化活動~

最終レポート

富士山周辺美化プロジェクト~富士山周辺美化活動~

RESULT
【「世界の宝」を守るため できることから始めよう】

一昨年に世界文化遺産に登録され、名実ともに「世界の宝」となった富士山。その秀麗な姿を見ようと、国内はもちろん、海外からも大勢の観光客が訪れています。地元の人たちも「おもてなしの心」で観光客を迎えようと、日ごろから美化活動に積極的に取り組んでいます。今年で4年目となる富士山周辺の清掃活動では、全2回のプログラムに延べ約200人が参加し、ウオーキングを楽しみながら、美化活動に取り組みました。

【見とれるほど美しい姿に 参加者のやる気も十分】

5月24日に実施した第1回は、風薫る5月にぴったりの爽やかな天候。集合場所の精進湖からは富士山が真正面にドーンと構え、その美しい雄姿に参加者が思わず足を止めて眺めてしまうほどでした。

湖畔にはゴツゴツした石が並ぶ箇所など足場が悪い場所がいくつもありましたが、参加者は湖水ぎりぎりまでごみを回収。心ない人が捨てたたばこの吸い殻や、釣り人が捨てた釣り糸、疑似餌などを2コースに分かれて集め、約50㌔ものごみを回収しました。

【自衛隊員の協力により 川底まで徹底的に清掃】

7月4日に実施した第2回は、梅雨の影響で前日まで降っていた雨も当日の朝にはやみ、富士山も顔を出してくれました。忍野村の名水が流れる新名庄川沿いの美化活動には、陸上自衛隊北富士駐屯地の隊員の皆さんも加わり、にぎやかなフェスとなりました。
 

ぬかるみがあったり、朝露で草が湿っていたりと足元が悪い中、参加者は一つのごみも見逃さないようにゆっくりと歩きました。自衛隊の皆さんは川の中まで入り、次々に大きなごみを拾い出していました。4班に分かれ1時間半ほどごみを回収した結果、その重さは約50㌔に達していました。

【後世に伝えたい景観 捨てないことが大切】

2回のプログラムで、参加者は達成感を分かち合いながらも、「富士山の素晴らしい景観もごみ一つで台無しになってしまいます。美しい富士山をしっかり後世に残せるよう、美化活動を続けたいと思います」という感想が聞かれました。

今回の美化活動を通じて、たくさんの人が富士山の魅力に触れ、富士山の美しい景観を守ることの大切さを学びました。いつまでも美しい富士山を残していきたいですね。

◆主催:山梨日日新聞社
◆共催:富士山をきれいにする会、忍野村教育委員会、忍野ユネスコ協会
◆後援:富士河口湖町
◆協力:精進湖観光協会

TOP
富士山周辺美化ウォーク

最終レポート

富士山の美しい自然を残そうプロジェクト~富士山周辺美化ウォーク~

RESULT

【「世界の宝」守るため 私たちができる第一歩】

昨年、世界文化遺産に登録され、「世界の宝」となった富士山。この秀麗な姿を見ようと国内はもちろん、海外からも大勢の観光客が訪れています。しかし、かつては富士山も「ごみの山」と呼ばれるほどごみの不法投棄に悩まされ、「富士山をきれいにする会」などの地元の環境団体の積極的な保全活動によって、現在の美しい姿に変わっていきました。富士山周辺の清掃活動を行うプログラムは今年で3年目で、全2回のプログラムに延べ約220人が参加しました。

【美しい大自然に触れ 参加者の気合も十分】

5月18日に実施した第1回には、県内はもちろん、遠くは愛知県や千葉県などから約80人が参加。風薫る5月にふさわしい雲一つない爽やかな天候に恵まれ、富士山も優しく見守っていました。参加者は大池公園から小海公園までの河口湖南岸の遊歩道4・5㌔を歩きながら、ペットボトルやたばこの吸い殻などを手際よく集め、その量は大きなごみ袋三つ分にもなりました。

【澄み切った小川に 空き缶のごみも】

2回目は台風8号が過ぎ去った7月13日に実施。あいにくの曇り空でしたが、スタート、ゴールの「四季の杜おしの公園 写真・絵手紙美術館」には約140人が集まり、陸上自衛隊北富士駐屯地の隊員や地元のガールスカウトの皆さんも協力してくれました。今回は名水に親しめる桂川、新名庄川沿いの約3、5キロをごみが落ちていないか足元を注意深く見ながら歩きました。参加者は透き通るほど美しい川をゆったり泳ぐ魚やカモの姿を間近で見られて感激する一方、川底に捨てられた空き缶などのごみに残念がっていました。1時間半かけて清掃した結果、約30キロものごみを集めることができました。

【景観台無しにするごみ 捨てないことが大切】

2回のプログラムで、参加者はごみの量に驚きながらも、みんなで達成感を分かち合っていました。参加者からは「清掃活動を通じ、せっかくの景観を台無しにしてしまうごみを捨てないことの大切さをあらためて知りました。これからも美しい富士山をしっかり後世に残していけるよう、活動を続けたいと思います」という感想が数多く聞かれました。プログラムでは毎回、バナジウムが含まれる富士山の名水について学ぶセミナーも開かれ、参加者は富士山の持つ不思議な魅力を学びました。

◆主 催:山梨日日新聞社
◆共 催:富士山をきれいにする会、忍野ユネスコ協会、忍野村教育委員会

富士五湖の豊かな自然を未来に残そう!

最終レポート

富士五湖美化ウォーク~富士五湖の豊かな自然を未来に残そう!~

RESULT
【富士山の環境保全へ私たちができる第一歩】

6月22日に世界文化遺産に登録され、世界の宝となった富士山。しかし、この美しい山もかつては心ない登山者や不法投棄で「ごみの山」と言われるほど、環境破壊が進んでいました。そのため、地元の環境団体などが積極的に保全活動を行い、徐々に世界に誇れる美しい山へと姿を変えていきました。河口湖周辺の清掃活動を行うプログラムは今年、2年目を迎え、全2回のプログラムに延べ160人が参加しました。

【世界文化遺産登録で参加者の気合も十分】

5月12日に実施した第1回には約80人が参加しました。あいにく富士山は顔をのぞかせなかったものの、爽やかな天気の中、大池公園から小海公園までの河口湖南岸の遊歩道4キロを歩きながら、ペットボトルやたばこの吸い殻などを手際よく集めていました。

第2回は七夕の7月7日に実施しました。富士山が世界文化遺産に登録されたこともあり、遠くは愛知県や長野県からも清掃活動に駆け付けてくれ、その数は約80人になりました。富士山への登山者数は昨年同時期の1・5倍に増加しており、参加者も訪れる人に気持ちよく過ごしてもらおうと気合いを入れて清掃活動に臨みました。夏の日差しに汗を流しながらも、参加者は雄大な富士山に励まされ、大池公園から河口湖円形ホールまで河口湖東岸の遊歩道約4㌔のごみを拾いました。遠くから見ればきれいな河口湖も、駐車場にはたばこの吸い殻、湖岸には釣り糸などの細かなごみが散乱し、一つ一つ丁寧に袋へ入れていきました。

【ごみ拾い通じて知った捨てないことの大切さ】

計2回のプログラムでは、それぞれ大きなごみ袋3袋分ものごみが回収され、参加者はその量にびっくりしながらも、達成感を分かち合っていました。参加者からは「清掃活動を通じて、ごみを捨てないことの大切さをあらためて知りました。世界文化遺産となった美しい富士山を後世にしっかり残せるよう、今後も活動を続けたいと思います」という感想が数多く聞かれました。プログラムでは毎回、バナジウムが含まれる富士山の水について学ぶセミナーも開かれ、参加者は富士山の持つ不思議な魅力を学びました。

◆主催:山梨日日新聞社
◆共催:富士山をきれいにする会

富士五湖をぐるっとキレイにしよう

最終レポート

富士五湖美化ウォーク ~富士五湖をぐるっとキレイにしよう~

RESULT

【富士山のふもとでゴミ拾い!】

【風光明媚な河口湖 遊歩道でごみ拾い】

爽やかな五月晴れの5月13日、新緑のポプラ並木がそよぐ河口湖南の大池公園に、「日本を象徴する富士山の自然環境を守りたい!」という思いで、山梨県内外の5歳から84歳まで約70人が集合しました。清掃ルートは、八木崎公園や河口湖ミューズ館、シッコゴ公園などを経由する約4㌔の遊歩道。風光明媚な河口湖畔で、ビニール袋を片手にごみを拾い集めました。

【湖畔で丁寧に作業 季節の花々楽しむ】

富士山の山開きと重なった7月1日は、曇り空。それでも初夏の心地いい風が吹き、むしろウォーキング日和です。2回目の活動にも県内外から約70人が参加しました。湖畔の遊歩道を中心にウォーキングを兼ねた清掃活動。河口湖円形ホールと大石公園を往復する約4㌔のコースで、丁寧にごみ拾いをしました。沿道や花壇では、アジサイやラベンダーなど季節の花々が咲き誇っていました。

【世界文化遺産登録へ 理解と関心高める】

開会式では、主催者である山梨日日新聞社の西川新広告局長が「活動を通じて富士山や富士五湖への知識を深め、富士山の世界文化遺産登録にも関心をもってほしいと思います」と呼び掛けました。
両日とも清掃活動の後はセミナー会場へ移動。参加者は、山梨県環境科学研究所の内山高研究員による環境セミナーを聞き、富士山の自然などについて理解を深めました。5月の清掃活動に参加した女性は「河口湖は緑が多く、空気もきれいで、リフレッシュできる場所。みんなが気をつけて意識を高め、富士山が世界文化遺産に登録されるといいですね」と、爽やかな笑顔を見せました。

【トータルで70㌔回収 「環境保全意識」芽生え】

5月13日、ゴールの小海公園で回収したごみは約20㌔。7月1日は、その倍以上となる約50㌔のごみがゴールの河口湖円形ホールに持ち込まれました。たばこの吸い殻や空き缶、釣り糸などが目立ちましたが、中にはブラウン管や枕などといったものもありました。参加者からは「環境保全の大切さを学ぶことができて有意義でした」との声が多く聞かれました。「AQUA SOCIAL FES!!」は、よりよい明日をつくることを目指したプロジェクト。富士山の裾野のように、周辺環境の保全に対する意識が広がるといいですね。

◆主 催 山梨日日新聞社・山梨放送
◆共 催 富士山をきれいにする会